2008年07月04日

シベリアのポプラ被害

ポプラ.JPG

シベリアのパートナーから、ポプラ被害に悩んでいると聞きました。写真は現地のもの。びっしりとついた綿毛。これらがふわふわと空中をさまよい、地上に落ち、大きな塊となって吹きだまりに集まっています。

綿毛を吸い込むことによる健康被害や街の清掃の問題、もしかすると交通事故にもつながるかもしれないため、少しずつ他の街路樹に変えていこうという動きがあるようです。

ポプラはすくっと立ってきれいな木ですが、現地の人たちには迷惑なだけなのかも知れません。
昨年、キエフのある並木道のポプラも全部切られていたことを思い出しました。「美しい並木道だったのに何故?もったいない!」とその時は思いましたが、花粉をたっぷり抱えた杉が都心の並木であることと同じなのかもしれません。納得です。

品種改良して、綿毛の出ないようなポプラができるといいですね。

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg

posted by ジャパントルグ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア