2008年09月01日

世界の比較 〜トイレとヘアサロン〜 マクドナルド・ウクライナ編

早いもので、今日から9月になりました。
暦の上ではもう秋なのですが、実際のところ大阪は9月いっぱい真夏の感覚です。今日も暑いです。
海外の友人が訪日を希望する場合、3〜5月、10月、11月に来るように言います。やっぱり春と秋が一番過ごしやすいですよね。

少し前までは、「日本は物価が高くてとても行けない」という返事が多かったのですが、最近は「日本は安くてサービスの良い国」という評価に変わりました。あちらの国の経済が復活して、生活に余裕が出てきたことも理由のひとつです。
ということで、訪日希望者が続出。この秋にも何組か希望していますので、受け入れ側はてんてこ舞いになりそうです。すでに来年の春の訪日に向けて、予算を組んでいる友人もいるとか。

海外旅行して感じることは、やっぱり日本のサービスは質が高いなあ、ということです。日本の消費者は世界一うるさい、と言われますが、実際にそうだと思います。サービスを提供する側は大変ですが、いったん自分がサービスを受ける側になると、やはり日本人でよかった、と思います。

色々な国を比較するにあたって、私は世界各国のマクドナルドを利用してみます。特にマクドナルドのハンバーガーが好きというわけではありませんが、その国の物価や、サービス、客層などがよくわかります。冷え切ったハンバーガーを平気で出す国もあります。他の商品に比較して大変高く感じる国もあります。それから、それぞれの国の食文化を反映していて面白いと感じます。牛肉を食べないインドでは、水牛のハンバーガーが売っていたり、ベジタリアン用のハンバーガーがあったり。イタリアではパスタも売っていたと思います。ポテトも微妙に味が違います。

マクドナルドではトイレを一定の時間ごとに掃除するようになっていますが(各スタッフが表にサインするようになっていますね)、本当に1時間以内に掃除したのか?と思えるような場合もあります。スタッフの教育というよりは、清掃に対する感覚が違うのかもしれません。

先日のウクライナ旅行では、マクドナルドのトイレを利用するにあたって、レシートに記載のコード番号が必要でした。コードを入力して初めてドアが開くという仕組みです。無料でトイレを拝借する人が多いため、商品を購入した人に限りトイレを利用できるようになっているんですね。これも日本ではありえませんね。

世界には実に様々なトイレがあります。世界のトイレの比較も面白いです。また別の機会に…。

それから、世界のヘアサロン。旅行中に時間があると、髪を切ってみます。言葉の通じない場合、どんな髪型になるのか少々恐ろしいですが、現地の普通の人と近しく知り合える場でもあります。ですから、大変面白いです。その国の中身が見えるというか、一般人の生活を垣間見られるような気がします。そしてここでも、日本のヘアサロンのサービスは世界一だなあ、とやはり感じるのです。

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg










posted by ジャパントルグ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記