2012年11月21日

ロシアの歯ブラシ事情

ロシアのテレビ番組から


お昼の主婦向けの番組で歯ブラシの紹介がありました。

ある主婦が「どんな歯ブラシを選べばいいかわからない」と司会者に相談します。
そこへ歯医者さんが出てきて、色々な種類の歯ブラシの長所短所を紹介します。

dental1.jpg



普通の歯ブラシ、電動歯ブラシ、超音波歯ブラシ、イオン歯ブラシ

dental2.jpg


番組観覧参加者にアンケートを取りました。
今日紹介した中で、どの歯ブラシを使いたいですか?

dental3.jpg

1 普通の歯ブラシ13% (50円〜)
2 電動歯ブラシ26% (2000円〜)
3 超音波歯ブラシ23% (18000円〜)
4 イオン歯ブラシ38% (2000円〜)

結果、イオン歯ブラシが一番人気でした。




↓ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ↓
japantorg


posted by ジャパントルグ at 14:27 | TrackBack(0) | ロシア

2012年11月15日

ロシアの釣りチャンネル

ロシアにも釣り専門チャンネルがあります。


一部の地域を除き、海釣りよりも川や湖での淡水釣りが多いです。


ノーザンパイク(カワカマス)はロシアではポピュラーな魚です。
鋭い歯をもつ肉食魚なので取り扱注意です。ロシア語では「シューカ」と言います。

fishing_3.jpg



なまずはフライやスープとして食します。なまずなんて食べたことないと思っていても、
実は白身魚のフライとしてお弁当やレストランで出されているようです(日本のことですよ!)。

fishing_2.jpg



女性の釣り人も案外多いようです。

fishing_1.jpg



日本メーカーの釣り具もよく使われています。

日本製品がロシアの田舎で使われているのを見るとちょっと嬉しいです!


がんばれ日本!


↓ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ↓
japantorg
posted by ジャパントルグ at 12:31 | TrackBack(0) | ロシア

2012年08月22日

ロシアWTO正式加盟

ロシアのWTO加盟が正式に決定しました。


ロシアは22日付で世界貿易機関(WTO)の156番目の加盟国となる。ロシアの経済規模は世界9位の1兆9000ドルで、WTOに加盟していない「最後の大国」と呼ばれていた。そのWTO加盟交渉は18年という長期にわたった。by ロイター

煩雑な通関手続きや深刻な汚職などの課題を早くクリア―してほしいものですが、まずはWTOに正式加盟したことを嬉しく思います。


↓ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ↓
japantorg
タグ:WTO
posted by ジャパントルグ at 17:04 | TrackBack(0) | ロシア

2008年07月04日

シベリアのポプラ被害

ポプラ.JPG

シベリアのパートナーから、ポプラ被害に悩んでいると聞きました。写真は現地のもの。びっしりとついた綿毛。これらがふわふわと空中をさまよい、地上に落ち、大きな塊となって吹きだまりに集まっています。

綿毛を吸い込むことによる健康被害や街の清掃の問題、もしかすると交通事故にもつながるかもしれないため、少しずつ他の街路樹に変えていこうという動きがあるようです。

ポプラはすくっと立ってきれいな木ですが、現地の人たちには迷惑なだけなのかも知れません。
昨年、キエフのある並木道のポプラも全部切られていたことを思い出しました。「美しい並木道だったのに何故?もったいない!」とその時は思いましたが、花粉をたっぷり抱えた杉が都心の並木であることと同じなのかもしれません。納得です。

品種改良して、綿毛の出ないようなポプラができるといいですね。

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg

posted by ジャパントルグ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2008年01月22日

クリスマスツリー

クリスマスツリー3.JPG

ロシアのクリスマスツリーのデコレーションは、欧米のとはちょっと違いますねー。リボンやテープが上から下へ、欧米や日本では横向けに飾りますよね。
写真のものは近くの森で自分で切ってきたもので、本物の木です。部屋中にモミの木のいい香りがします。でもしばらく経つと葉っぱがパラパラと落ちてきてお掃除が大変になります。

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg
posted by ジャパントルグ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2007年07月16日

ロシアから見た日本

サンクトペテルブルグ

3連休は台風に始まり、地震に終わりました。
さっそくロシアから「大丈夫か?」と心配して連絡が来ました。
フランスのネットラジオ局からは「…ジャポン、ヌークレア…」とアナウンスしているので、あー、もう伝わっているのかとわかります。
悪いニュースはあっという間に全世界へと広がりますね。
ロシアから日本を見ると「自然災害の多い国」という風になるのかもしれません。

ロシアのニュースもそういう場合が多く、日本で報道される程は悪くないのがホントのところです。

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg


posted by ジャパントルグ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2007年06月16日

ロシア通貨はルーブル

「ロシアのプーチン大統領は6月10日、出身地サンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラムで、同国の通貨ルーブルを世界的な基軸通貨とすることなどを提唱した。同国など急成長する新興国の利益を反映した経済の世界新秩序が必要であるとの考えを示した形だ。世界的な原油価格高騰を追い風に強気のロシアは、米国主導の世界経済に対抗し、欧米諸国に挑戦する姿勢を強めるものとみられる。(産経新聞より抜粋)」

ルーブルがハードカレンシーに?
ロシアルーブル
ペレストロイカの後、ルーブルが暴落、突如紙切れになったりして、信用できない通貨でした。ロシア人はルーブルを「木のお金」と呼び、価値のないもの扱いでした。

ロシア経済が強くなった今、ロシア人の中ではドルよりも信用されているようです。そして、その証拠に、ロシア人達のたんす預金はドルからルーブルへと変化しているようです。

近頃、日本でロシアルーブルへ両替できるようになったとか。空港の両替所が閉まっていることも多いロシアでも困ることはなくなりそうです。
「三井住友銀行は07年度中をメドに宅配で扱う通貨の種類を16種類増やして33種類にする。ロシアルーブルなどを追加する。」

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg
posted by ジャパントルグ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2007年06月05日

緑茶ブームのロシア

残留農薬や土鍋から鉛問題で騒がれている中国製品ですが、ロシアでも中国産の食料品を買い控える人が増えてきたそうです。
ロシア極東地方には、日本から果物も輸出されており、安全を考えて高くても日本産果物を購入する人も少なくないとか。

現在ロシアでは、「グリーンティ」が大流行。カフェやレストランでも、「コーフェ(コーヒー)」「チャイ(ティー)」に並び「ゼリョンニィ・チャイ(グリーンティ)」が登場し、多くの人に親しまれています。
グリーンティとはいえ、種類は色々。ジャスミンティもグリーンティと呼ばれるので、アジアのお茶全般をグリーンティと呼ぶのかもしれません。

グリーンティが親しまれるロシア、お土産には日本の緑茶のティーパックが喜ばれそうです。

寿司レストランが大流行、日本ブームの今がチャンスです。
安全、美味しい、本物の日本茶をロシアへ輸出しませんか?

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg




posted by ジャパントルグ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2007年05月27日

使えるロシア語

バリ島

昨年行ったバリ島のホテルはロシア人だらけ…。
テロの直後で、普段多いオーストラリア人も日本人も全くいませんでした。
テロに慣れているロシア人強し、恐れを知りません。
ここどこ?っていうくらい、あちこちでロシア語が聞こえてきました。
このところロシアは海外旅行ブームのようで、
海外でロシア人に会わない場所はなくなったように思います。

日本でも、あちこちでロシア語を耳にするようになりました。
隣の国だから当たり前かもしれませんが…。

マイナーなロシア語も知っていると役立つことも多いかも。
美しいお姉さま方はロシア語圏の人が多そうです。

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg
posted by ジャパントルグ at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2007年05月23日

白樺

白樺 japantorg

ロシアでは色んな場所で見かける白樺。
ロシア語でベリョーザ、若い白樺をベリョースカと言います。

白樺の皮を剥いで色々な雑貨を作ったり、白樺の樹液(ジュース)を取ったりします。ジュースは透明で少し甘くなかなか美味。白樺は観賞するだけでなく、ロシア人の生活に深く関わっているのです。

白樺の皮から作ったみやげ物"

ガンに効くと言われるチャガ(シベリアレイシ=さるのこしかけのようなキノコ)は白樺の幹に生えるのです。チャガは日本にも輸入され、お高いお値段で売られています。シベリアのハンターさんからチャガのかけらをもらったので、ガンにならないように煎じて飲んでいます。キノコというより、硬い土の塊というか、乾燥した木くずという感じで、煎じるために細かくするのに一苦労です…ふらふら

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg




posted by ジャパントルグ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2007年05月19日

ロシアのハチミツ

ロシアからいつも持ち帰るのは、ハチミツ、チーズ、黒パン。さすがにマトリョーシカはもういらないから、日本より安く買えるものやロシアでしか手に入らない食料品や実用品になる。
ハチミツは日本ものよりずっと美味しい。もちろん砂糖なんて混ぜてないし、種類も豊富。試食をさせてもらってお気に入りのを選ぶ。色の濃い(ほとんど茶色)蕎麦のハチミツは独特の味がして結構ハマるかも。

ロシアはちみつ

カザフスタンやロシアのアルタイ地方で採れるものは最高。大自然に咲く花の蜜は香りもよく、味も濃厚。ハチミツを使ったケーキもなかなか美味しい。


ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg
posted by ジャパントルグ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2007年05月14日

ウラジオストクはシーフードが美味しい

レストランのシーフード

ウラジオストクといえば、坂の多い地形と海に囲まれていることから、東洋のサンフランシスコと呼ばれたりする。実際にはほど遠いけれど…、ただ海に囲まれていることから、シーフードが美味しいのは本当。

ウラジオストクの代表的なシーフードといえば、タラバガニ。ロシア語では「カムチャツキー・クラブ」といい、訳すればそのまま「カムチャツカのカニ」。それからイクラ。日本とは違い塩漬けのイクラなので、バターをぬったパンに良く合う。それから「なまこ」や「うに」なんかもある。

広大なロシアでは海に面している地域は少ない。シベリア等の奥地に行くと海産物はぐっと少なくなる。ウラジオストクはロシア人にとってシーフードの宝庫なんだろうと思う。

タラバガニ"


ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg
posted by ジャパントルグ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2007年05月09日

ウラジオストクの風景「タルゴーヴァヤ・ウーリッツァ」

DSC06692.JPG
5月初旬のウラジオストク。

スヴェトランスカヤ大通りからアムール湾へ向かう道中に写しました。
この日の気温は20℃を超え、ウラジオストクで初めての暖かい日となりました。

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg
posted by ジャパントルグ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア