2007年05月28日

オアシス都市 タシケント

ウズベキスタンのショーレストラン

ウズベキスタンの首都タシケント。
人口約450万人の大都市で、中央アジアのオアシスです。
空から見るとよく分かるのですが、乾燥した砂漠地帯の中に突然緑の地域が見えてきます。
これぞオアシスだ、そんな印象を持ち空港に降り立ちます。

ウズベキスタンはイスラム教の国のため、あちこちでモスクが見られます。
首都タシケントは1966年の大地震で壊滅的な被害を受けたため、
ウズベキスタンの他都市と比較すると旧跡はあまり残っていません。

日本(成田・関空)から首都タシケントへは直行便があり、比較的簡単に訪れることができます。
タシケントの空港は中央アジアのハブ空港となっており、そこから主な観光地である、
サマルカンド、ブハラ、ヒワなどの都市へ移動します。

他都市へ移動する時間のない人はタシケントでも十分楽しむことができます。
シャシリクやプロフ、ラグマンなどのウズベキスタン料理を堪能し、
美しいショーを見せてくれるショーレストランもその一つです。

ロシア・CIS諸国との貿易ならジャパントルグ
japantorg

posted by ジャパントルグ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 中央アジア